施術方法

アイデザインレーシックの魅力とは

視力回復の方法の一つにレーシックという方法があります。
今までは視力が低下してきたと感じた場合は、メガネやコンタクトなどを使用して矯正を行ってきました。
どちらも普段の生活の中で、矯正に必要な物を装着することで、生活に困らない視力を得ることができます。

レーシックの需要も増えてきたこともあり、技術が進歩して多くの施術法の中から患者が選ぶことができるようになりました。
レーシック手術は多くの場合保険適応外になります。
なので病院によって診察料金は、自由に設定することができます。

病院によって使用している医療機器も異なるため、治療法も異なります。
レーシックといっても両目で10万円以下でできるものから50万以上かかる治療法まで様々です。
料金の違いがおこるのは、使用する医療器具の違いが大きく関係します。

レーシックの主な種類はこちらにかいてありますが、中でも人気が高いレーシックの施術方法として、アイデザインレーシックがあります。
レーシックの施術の中で、必ず事前にカウンセリングを行います。
そのカウンセリングの中でいろんなプランの提案をされます。

両目で10万円以下で行えるレーシックもある中で、アイデザインレーシックは両目で30万台から50万円ぐらいかかります。
金額的に大きく上がるにも関わらず、アイデザインレーシックを選ぶ魅力は、術後の経過がいいということがあげられます。
術後の視界がクリアに感じて、満足度も高いと感じる患者が多いです。

アイデザインレーシックの一番の特徴は、一人一人に目に合わせて使用する医療機器を調節して治療をおこないます。
なのでより正確に治療をすることができます。
目の負担も少なく、術後の視力回復の結果も良好な場合が多いです。

そして術後の後遺症も軽減されることが分かっています。
一番術後で多い後遺症として、ハロ・グレア現象があります。
光を放っている場所をみると、キラキラまぶしい感じに見えてしまうため、生活に支障が出やすくなってしまいます。
特に夜間の症状が重く、蛍光灯の明かり、夜景、ネオンなどを直接見ると目への刺激を感じてしまいます。
こういった症状の緩和は、目の回復を早めるとともに、術後の負担も軽くしてくれます。

このページの先頭へ