施術方法

レーシック後のアフターサービス

今視力回復法として確立しつつあるのがレーシックです。
レーシックは目の角膜を削って、焦点を調整するという方法です。
今ではレーシックの施術方法も多くの中から選択することができ、治療法も広がりました。

価格も自由診察なので、各病院で治療法を設定することができます。
なので低価格ものから、高額なものまであります。
レーシックの価格は施術方法によっても大きく異なりますが、もう一つ費用の違いがでてしまう場合があります。

それが、レーシック後のアフターサービスの違いです。
レーシックは手術の技術も視力回復に関わってきますが、それと同じぐらいといってもいいほど大事なことがアフターケアです。
レーシックの場合は、施術後最低でも3ヶ月間は定期健診が必要になります。

また術後には薬などを服用しなくてはいけません。
なので定期的な検診代と薬代などが必要になります。
レーシックを受ける際にはこのような術後の費用などもしっかり把握しておかなければいけません。

このような定期健診や薬代などもアフターサービスとして無料で行っている病院もあります。
レーシック後のケアがとても大切になります。
術後の経過も定期におこなうことで回復状態なども確認することができます。

なのでレーシック資料にはとても重要なことです。
そしてレーシックのアフターサービスで、もう一つ重要なことは保証期間です。
施術方法で保証期間を設定している病院が多いです。

短いところでは1年間ぐらいで、5年間の保障や長期間では10年間生涯無償を行っている病院もあります。
保証期間が長いほうがもしも何かあった時や、違和感を感じたときは病院に行きやすくなります。
また病院によっては、保証期間中に再度レーシック手術を無料で行うことができる病院もあります。

人によっては術後思ったような回復が感じられない場合や、短期間で視力が低下してしまう人もまれにいます。
そういった状況になった時に、また同じ費用を払うことは大変です。
そこで一回分は無料で行ってくれるので安心して受けることができます。
アフターサービスは、レーシックの施術方法と同じぐらいとても重要なことです。
リスクが多い手術だからこそ、アフターケアが万全な病院が安心感や信頼感を感じられる人が多いです。

このページの先頭へ