施術方法

遠視にはレーシック

今視力低下がとても深刻な問題になっています。
昔はメガネをかけるきっかけが老眼になった時といわれるほど視力が衰えることがありませんでした。
しかし、今では多くの人が視力矯正が必要になっています。

視力の低下とともに発達したことが、視力回復法です。
メガネが主流だった時代にコンタクトが開発して、一般に広がるようになりました。
そして今注目されている視力回復法としてレーシックがあげられます。

多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックという手段を利用して視力回復していることが宣伝されていて話題になっています。
最大のメリットはコンタクトやメガネといった毎日必要不可欠なものが不必要になるということです。
お手入れなどの煩わしさから解放され、裸眼の人と同じように何も装着しなくてもはっきりとした視界を得ることができます。

視力低下には、近視、乱視、遠視の三種類になります。
どの原因に対しても効果が期待できるのがレーシックという方法です。
日本人で多いのが近視ですが、中には遠視で悩まされる人もいます。

遠視の人は、遠くも見る時も近くを見る時も視力の調整をしなければ見れない状態をさします。
目の調整を常にしていると、目の周りの筋肉がずっと使われている状態になるため、眼精疲労をおこしやすくなります。
これが長期間続いてしまうことで、近くも遠くもぼやけて見えにくい状態になります。

遠視の人の場合は、網膜という部分で本来は焦点を合わすことで、鮮明な視界を得られます。
しかしその網膜よりも遠い場所で焦点があってしまっているので、ぼやけてしまっています。
このような遠視の場合でもレーシックでの治療は可能なのでしょうか。

遠視の場合は、そのほかのレーシックの手術を違った方法で角膜を削ることで治療が可能です。
通常のレーシックの施術の場合は、均等に角膜を削ります。
しかし遠視の人の場合は、中央部分を削らずにドーナッツ状に外側の方が深く削るという方法をとります。
そうすることで、焦点が角膜でしっかり合うように調節することができます。

このページの先頭へ