施術方法

レーシックは今までどれほどの人がうけてきたの?

今視力低下がとても深刻な問題になっています。
昔はメガネをかけるきっかけが老眼になった時といわれるほど視力が衰えることがありませんでした。
しかし、今では多くの人が視力矯正が必要になっています。

視力の低下とともに発達したことが、視力回復法です。
メガネが主流だった時代にコンタクトが開発して、一般に広がるようになりました。
そして今注目されている視力回復法としてレーシックがあげられます。

多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックという手段を利用して視力回復していることが宣伝されていて話題になっています。
最大のメリットはコンタクトやメガネといった毎日必要不可欠なものが不必要になるということです。
お手入れなどの煩わしさから解放され、裸眼の人と同じように何も装着しなくてもはっきりとした視界を得ることができます。

視力低下には、近視、乱視、遠視の三種類になります。
どの原因に対しても効果が期待できるのがレーシックという方法です。
日本人で多いのが近視ですが、中には遠視で悩まされる人もいます。

遠視の人は、遠くも見る時も近くを見る時も視力の調整をしなければ見れない状今視力低下に悩む人がとても多く見受けられます。
デスクワーク、パソコンやスマホの使用、テレビやゲームの普及など、目を酷使しやすい生活環境になっている人が多いです。
そのため視力の低下が広い世代で広がっています。

それと同時に視力の矯正の技術の進化も進みました。
今までは、視力低下するとメガネ、コンタクトが主流でした。
それぞれ専門のお店に行き、視力検査を行い視力の調整を行います。

これらのメガネやコンタクトは、ある一定期間以上使うともう一度作り変える必要が出てきていしまいます。
視力の低下や使用頻度によって最再調整が必要になります。
そこで近年もう一つの視力矯正の方法として、レーシックという方法が確立してきています。

視力回復を希望している人の中で知らない人はいないという方法の一つです。
ただし裸眼の人は、意外に知らない人もいるのが、レーシックという方法です。
レーシックは見た目は裸眼の人と全く変わらない生活になります。

コンタクトのようにつけたり、外したりといった手間もかかりません。
なのでとても快適な生活を得ることができます。
そんなレーシックは施術方法も豊富になり、いろんなところで治療を受けられるようになりました。

目の手術ということもあり、抵抗感を感じる人もいます。
なので施術を受けるにあたってとても悩む人が多いです。
そこでレーシックはどれだけメジャーな視力回復法となっているのでしょうか。

実際日本でも、レーシックを受ける患者数は年々増加しています。
見た目が裸眼の人と変わらないだけに、誰にもレーシックを受けていると気づかれることも少ないです。
そこで過去にどれだけのレーシックの症例があるのでしょうか。

2000年の統計では年間2万件ほどの施術しかありませんした。
しかし技術や認知度も上がり、2008年には40万件もの症例に増えています。
いまではよりも多くの病院で施術ができるようになったため、より多く人がレーシックを受けているといえます。
各病院の過去の症例数を見ても100万件以上、40万件以上、10万件以上の実績のある病院が増えてきています。
これだけ施術症例がるということはより需要が高まっているということだといえます。態をさします。
目の調整を常にしていると、目の周りの筋肉がずっと使われている状態になるため、眼精疲労をおこしやすくなります。
これが長期間続いてしまうことで、近くも遠くもぼやけて見えにくい状態になります。

遠視の人の場合は、網膜という部分で本来は焦点を合わすことで、鮮明な視界を得られます。
しかしその網膜よりも遠い場所で焦点があってしまっているので、ぼやけてしまっています。
このような遠視の場合でもレーシックでの治療は可能なのでしょうか。

遠視の場合は、そのほかのレーシックの手術を違った方法で角膜を削ることで治療が可能です。
通常のレーシックの施術の場合は、均等に角膜を削ります。
しかし遠視の人の場合は、中央部分を削らずにドーナッツ状に外側の方が深く削るという方法をとります。
そうすることで、焦点が角膜でしっかり合うように調節することができます。

このページの先頭へ