施術方法

未承認レーシックとは

レーシックの場合は、視力回復のために手術する必要があります。
目にメスを入れて、視力低下してしまった原因となる焦点のずれを直し、生活に困らない視力を得ることができます。
レーシックの施術を行った場合、裸眼の人と全く同じような生活を送ることができます。

今までのようにメガネやコンタクトの買い替えや管理などの必要がありません。
なのでとても快適な生活を送ることができます。
しかしメリットだけではなく、デメリットもあります。

一番は手術をするということです。
今は機械の進化もあり、正確に施術を受けることができてきています。
しかし視力の診断や、治療の計画などは人の手によって行われます。

高い技術やより専門知識が必要になります。
そこでレーシックに使用される器具の中には、承認レーシックと未承認レーシックがあるということを知っているでしょうか。
未承認と聞くと、とても不安に感じる人が多いでしょう。

承認されているレーシックは、日本の場合は厚生労働省によって安全なものであると認められているものをさします。
万が一何かレーシックを使用したあとで事故などが起きた場合は、国が責任を持ちますという意味合いが含まれています。
素の保障がないものが未承認レーシックと呼ばれるものです。

国の責任がない代わりに、その施術法を選んだ個人個人に責任があるということをさしています。
また良心的な病院では、病院やクリニックなどが責任を持ってくれる場合があります。
自己責任となると、未承認レーシックが不安に感じる人も多いでしょう。

しかし現在は最新の医療器具を用いてる病院の多くが未承認のレーシック機械を使用しています。
なので一概に不安や心配を感じる必要はありません。
大手のクリニックでは、最新医療を取り入れているところが多く、未承認のレーシック器具をしていることが多いです。

最新の技術は過去のデメリットを改善して、より性能が良くなったものになります。
そのため本来はより安心して使用できるものとなっています。
具体的にはどのようなものが未承認レーシックなのかを知っておくことで、治療法を選択する際の決断のきっかけにもなります。
未承認のものはコンチェルト・アマリス・アレグレット・Zレーシックなどがあげられます。
このような機器を使用する際は、クリニックでのアフターケアの確認や自己責任があるということを理解しておきましょう。

このページの先頭へ