施術方法

妊婦のレーシック手術

視力回復法の一つにレーシックというフレーズを耳にすることが増えました。
レーシックはコンタクトやメガネと異なり、目の角膜を削って視力調整をするという手術になります。
手術は目に麻酔をするので、全身麻酔ではありません。

なので、誰でも手術を受けられるのではと思う人もいます。
中には妊娠中にレーシックの手術をしたいと思う人もいるようです。
出産後、子育て手術を受けられないからという理由もあります。

出産後には子育てのストレスに加えて、メガネやコンタクトによる眼精疲労や肩こりがひどくなる人もいます。
そういった症状の緩和にもレーシックはとてもお勧めです。
また出産の際に、わが子を肉眼でしっかり見たいからと望む人もいるようです。

ただし妊婦さんがレーシックを受けることに関しては、ほとんどの病院で推奨していません。
妊娠初期や後期を避けて安定期に入った中期であれば問題ないのではと思う人もいます。
もし妊娠を知った上で、なんの問題もなくレーシック手術を進める病院は逆に信用にかかわるといえます。

妊娠中では、レーシックの手術が胎児への影響がどのようなことがあるのかということが未知数だからです。
レーシック手術では、術後に感染予防のために、薬の服用を必ずすすめられます。
妊娠中は薬の服用が胎児に大きな影響を与えやすくなります。

特に病院で処方される薬は強い感染予防の薬が多いです。
なので、胎児に悪栄養を与える可能性が高いです。
またレーシック手術に対する不安や心配がストレスとなり、体への悪影響も考えられます。

施術時間は短いとはいえ、麻酔や仰向けで長時間いなくてはいけないなど体への負担は思ったよりも大きいものになります。
そういったリスクを考えたうえで、妊娠前に施術を受けるか、出産後授乳期間が終わってから受けるようにしましょう。
妊娠前に受ける場合は、薬などの影響を考えて服用後3カ月間はあけるようにしましょう。
出産後に受ける場合は、授乳期間は避けて卒乳後3カ月後ぐらいをめどにしましょう。
病院によって見解は異なるので、必ず事前のカウンセリングか電話などで確認してみましょう。

このページの先頭へ