施術方法

レーシックの施術方法が選べる

視力回復法として、レーシックがあげられます。
レーシックは、角膜を削って焦点を合わせることで、視力を回復する手術です。
レーシックを行う際に選ぶ施術方法によっても金額が異なります。

実際レーシックについて調べてみると、費用に大きな違いが見られます。
安いところでは両目で10万以下で施術できるところもあります。
それとは対照に両目で50万から100万円近くする場合もあります。

これだけの違いがあるのも、レーシックは自由診療なため、各病院で治療費を設定できます。
そして費用が変わるもう一つ大きな要因としては、施術方法の違いがあげられます。
基本的にレーシックを行う際には、ほとんどのところで事前に視力や角膜の状態などを検査してから施術方法の説明があります。

そこで自分に合った施術方法を選ぶことができます。
基本的なレーシックに関しては、まず角膜をカンナのようなものを使用してフラップという蓋をつくって視力調整をします。
このフラップを作る際に使用する医療器具によって、施術方法を選ぶこともできます。

またフラップを作ることがない方法として、ラゼック、PRK、エピレーシックという方法があります。
これらの方法は、レーザーを使用する方法で、イントラレーシックと呼ぶ方法です。
そして最後に一番安心して受けられる施術方法として、アイデザインレーシックという方法があります。

それは一人一人の目の状態に合わせて治療をアレンジするという方法です。
洋服などに例えるのであれば、既成品ではなくオーダーメードで作られた洋服との違いです。
オーダーメイドの場合は、より自分の目の状態に合わせて作られているため、より正確性が高まります。

ただし同じ目は二つとないので他の人に適応できるわけではありません。
なので、費用がどうしても高くなってしまいます。
施術方法は、自分の目によって受けられる方法をまずは知ることが大事です。
そして選択肢がある場合は、その中でメリットやリスクなどを考えながら決めていきましょう。

このページの先頭へ