施術方法

レーシックのやり直し

視力回復法として、今確立しつつある方法の一つとしてレーシックがあげられます。
レーシックは角膜メスを入れて、視力調整を行うという方法です。
もちろん手術という形になり、ほとんどの人の場合が保険適応外になります。

実際術を受ける時には、選ぶ病院や施術方法の選択、術後のアフターケアなどを参考にして選ばなくてはいけません。
さらに事前のカウンセリングで、手術に対する十分な説明やリスクをしっかり説明してくれる病院で受けるようにしましょう。
レーシックの手術を受ける人の多くは、いろんなところで情報を収集する人が多いです。

レーシックでの失敗談や再手術、レーシック難民といったフレーズを目にします。
そういった失敗談がもしかしたら自分に降りかかるかもしれないと、不安に感じる人も多いでしょう。
レーシックは裸眼と同じ生活ができ、視力調整の為のコンタクトやメガネを買い換えたりする必要がなくなります。

また毎日のメンテナンスする必要もなくなるのでとても快適な生活を送ることができます。
最近では多くの場所で災害などが起きています。
災害で非難しなくてはいけない場合、目が見えなかったり非難先でメガネやコンタクトのお手入れに困ってしまう場合があります。

そういった災害の場合でも、わが身を守る手段の一つとしてレーシックを選択する人が増えています。
そういったメリットだけでなく、人によってはレーシックではやり直しを行う場合もあるということを知ってきましょう。
まずレーシックの手術の場合、必ず事前にカウンセリングを行います。

その後精密検査による詳しい目の状態、目に合った手術方法の説明があります。
その際に必ずリスクに関する説明がされるので、そこで質問などをして不安の解消をしておきましょう。
病院によってはアフターケアの一つにレーシックの再手術を一回無料で行ってくれる病院もあります。

リスクが高い手術の場合は、アフターケアが十分な病院を選ぶようにしましょう。
レーシックのやり直しに関しては、多くに分けて二種類に分かれます。
術後の視力回復が十分でない場合です。

人によって希望する視力数値が異なります。
生活に十分な視力で構わない人もいれば、スポーツ選手のように高い視力回復を望む人もいます。
術後の定期検診をしっかり受けることで、今度再手術が必要かどうかの判断ができます。

もう一つはレーシックの術後の、感染症、合併症、後遺症がひどい場合です。
どんな人でも後遺症を感じますが、経過とともに緩和しない場合や日常生活が困難に感じる場合があります。
人によっては角膜の厚さによって手術ができない人もあります。

このページの先頭へ